非対面状況下のノンバーバル表現に対する : ぬいぐるみロボットの影響 Non-verbal Expression in Non-face-to-face Communication using a Puppet-Robot

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,人と人のコミュニケーションに対し,既存のコミュニケーションチャンネルと並行した,ぬいぐるみの新しい表現形式としての可能性に着目し,ぬいぐるみロボットの動きと音声を通じた会話による非対面コミュニケーションを観察する.そして,ぬいぐるみの実体性や外観がユーザの発話および意識的・無意識的ノンバーバル表現に及ぼす影響について実験的に分析する.そのため,1)実存するぬいぐるみを用いた場合と二次元画面上に現れるぬいぐるみを用いた場合,2)ぬいぐるみを用いた場合とむき出しのロボットを用いた場合をそれぞれ対比較する.その結果,ぬいぐるみの実体性や外観が,それぞれユーザの発話や動作に作用することが確認された.

Puppets could become a new tool for expressive communication, parallel to traditional communication channels in human-human interaction. A puppet-robot was used in a non-face-to-face communication experiment, which allowed expression via motion and vocal cues. Two conditions were explored, one in which the subject could see the real pup-pet-robot and the other in which the user viewed the puppet-robot via a video link. The results demonstrated the importance of the physical presence of the puppet-robot for communication. We also explored the effect of the appearance of the puppet-robot. In one condition, the puppet-robot was placed inside a stuffed bear, whereas in the other condition a skeleton robot was used. Based on analysis of the subject's movements and utterances, we found that the appearance of the stuffed bear puppet-robot was more effective for communication. We conclude the physical presence and appearance of the puppet-robot play an important role in non-verbal communication with the robot.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 111, 13-20, 2004-11-11

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002949477
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116111
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7182863
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ