グループウェアに連動する戸口用行き先表示板の実装 A Doorplate Connected With Groupware Tools

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グループウェアの普及と共に,各人の行き先や現在位置を知らせ合う行き先表示板がよく利用されている.外部からの来訪者のために,これらの情報をオフィスなどの戸口に表示しておきたいことがある.しかしながら,グループウェア用のPC端末をそのまま戸口に設置することは,手間やコスト,外観などに問題がある.また,外部から訪れた不特定者に内部で共有している情報と同等な情報を見せることも安全上問題である.そこで本稿では,それらの問題を解決する戸口用行き先表示板を実装した.Groupware tools have enabled us to share information about location of each member. It would be useful for visitors to display this information on the door of our office. However, it is difficult to place a PC-style groupware terminal in front of the door for cost and appearance reason. Also, we will have a security issue if we open the bare groupware information to the visitors. In this paper, I propose a smart doorplate which solves these problems.

Groupware tools have enabled us to share information about location of each member. It would be useful for visitors to display this information on the door of our office. However, it is difficult to place a PC-style groupware terminal in front of the door for cost and appearance reason. Also, we will have a security issue if we open the bare groupware information to the visitors. In this paper, I propose a smart doorplate which solves these problems.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)

    情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS) 2005(3(2004-DPS-121)), 43-47, 2005-01-19

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002949563
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116224
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7249646
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ