7G2-17 科学を身近なものとするための科学コミュニケーションと人材育成(学校・博物館・地域における関係性の構築 : 科学コミュニケーションの活性化)  [in Japanese] 7G2-17 The Science Communication and the training for the experts aiming at getting the public familiar with science  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

いわゆる理科離れが起きている一因は、何となく科学は難しい、自分たちの生活とは縁遠いものだというイメージが先行していることにあるものと思われる。そうしたイメージを一掃し、科学は楽しい、面白いというイメージを広めるための方策を検討する。具体的には科学コミュニケーションの活性化と、その介在役となる科学コミュニケーターの養成である。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 28(0), 103-104, 2004

    Japan Society for Science Education

References:  3

  • <no title>

    内閣府大臣官房政府広報室

    科学技術と社会に関する世論調査, 2004

    Cited by (1)

  • <no title>

    文部科学省

    平成15年度 科学技術の振興に関する年次報告, 2004

    Cited by (1)

  • <no title>

    渡辺政隆

    科学技術理解増進と科学コミュニケーションの活性化について, 2003

    Cited by (1)

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002949888
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top