7G5-12 算数を数学に接続する一般化に基づく教授単元の計画・実施・評価に関する開発研究(新世紀型理数科系教育の展開をめざして : 教育内容と学習の適時性及び論理的思考力・創造力育成に関する研究)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

算数と数学の接続は、歴史的必然性を帯びた、教育内容の適時性に係わる今日的課題を成すものである。本研究はこの接続過程を記号論の視座から明らかにし、移行を促す教材の学習と指導の過程を明らかにすることを目指している。本稿では、算数から数学への移行を促す「図形の作図」の授業実践を、Presmegが提唱する記号論的連鎖の枠組みと、その連鎖の上昇過程を特微づける比喩の視点から分析することを通して、隠喩的、隠喩・換喩的、換喩・隠喩的、換喩的という4つの比喩によって特徴づけられる四層記号連鎖モデルを、理論的枠組みとして設定した。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 28(0), 127-130, 2004

    Japan Society for Science Education

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002949895
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top