6I3-14 何故「神舟」は日本のスプートニクスショックになりえなかったか(国際比較・国際貢献(国際支援)(1))  [in Japanese] 6I3-14 The Reason why "Shinshu" couldn't become Sputnicks for Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

科学教育学会年会(2004)の「科学的学力・能力」というセッションでの発表としての論文である。今、日本の理科・科学の学力の衰退が危惧されている中での問題提起であるが、筆者は、理科・科学の中の具体的内容より、日本の児童・生徒・学生の科学に対する興味・関心、あるいは、"畏敬の念"や"餓え"が欠乏していることが問題であると考えている。この論文では、日・タイの比較データをしめしながら、具体的にこの危機を訴える。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 28(0), 393-396, 2004

    Japan Society for Science Education

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002949985
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top