6I4-34 グラフイメージを用いた2次関数の指導法について(教育実践・科学授業開発(5))  [in Japanese] 6I4-34 On the lesson method of quadratic functions using their graph images  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、2次関数の指導において、そのグラフ描画を見せることで式の特徴を捉えさせ、その理解を支援することによって学習を円滑に行うことができることを明らかにすることが目的である。これまでの黒板等を用いたグラフ描画は、学習者の念頭操作が可能になった段階において、グラフのイメージを理解させることが可能であった。関数描画ソフトGrapesやグラフ電卓を用いることにより、与えられた2次式から、そのグラフを描かせることは容易になった。しかし、ただ単に、式を入力して2次関数のグラフを描くだけでは、2次関数のグラフを理解したことにはならない。与えられた2次関数がどのような係数の時に、どのようなグラフになるのかをそれぞれの場面を設定し段階的に指導することが必要である。本研究の実践は、これらの指導法における試みをテクノロジーの利用という視点からの指導法として考察する。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 28(0), 517-518, 2004

    Japan Society for Science Education

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002950045
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top