聴取者傾向を加味したGTTMグルーピング規則適用の演奏表情パラメータへの拡張 Expansion of GTTM Grouping Rules for Involving Expression Parameters

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,GTTMであまり積極的には述べていない,Grouping Structure選好ルール(GPR)の適用対象の,演奏表情パラメータへの拡張について述べる.その際,GTTMにおいて明示的に述べられていないルール適用の閾値を,聴取者ごとに定めることにより,聴取者傾向を反映した「その人らしいグループ境界推定」を行うことを目指す.In this paper, we describe expansion of GTTM Grouping Preference Rules for involving performance expression parameters. In GTTM, the auther is not described explicitly about thresould for rule applying. We adjust the thresould value to each listener to reflect listener's inclination, and aim to inferring grouping boundary according to his listening tendency.

In this paper, we describe expansion of GTTM Grouping Preference Rules for involving performance expression parameters. In GTTM, the author is not described explicitly about threshold for rule applying. We adjust the threshold value to each listener to reflect listener's inclination, and aim to inferring grouping boundary according to his listening tendency.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)

    情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) 2004(111(2004-MUS-057)), 11-16, 2004-11-05

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002950454
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7182367
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ