オペレーティングシステム占有プログラムの実行制御方式  [in Japanese] A Program Execution Mechanism that A Program Occupies A Kernel of Operating System  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

オペレーティングシステム(OS)のカーネルを占有して動作できるプログラム実行制御法を提案する。UNIX系のOSでは、常時走行しているプロセスが多数存在し、特定の時間周期や特定の事象に基づき処理を実行している。したがって、常時走行プロセスも含めたOSとしてのオーバヘッドは少なくない。このため、実時間性を要求するサービス処理では不具合が生じてしまうことがある。そこで、プロセスのコンカレント走行制御機能を停止させ、特定のプロセスのみを実行する機能を実現する。

This paper suggests the program execution mechanism that a program occupies a kernel of operating system (OS). In a lot of OS, a lot of processes always run. Based on a specified time period or a specified event, these processes execute processing. Accordingly OS overhead is not a little. On this account, in service to demand real-time processing, inconvenience may have occurred. So this paper describes the function that a process occupies a kernel.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 99, 127-134, 2005-06-22

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002950700
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10444176
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    7379910
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top