電磁物性の物理 : 物質科学におけるNMR, μSRを中心として Materials Physics with Electromagnetic Wave : Evolution of NMR and μSR in Materials Science

この論文をさがす

著者

抄録

電磁物性の物理学とは電磁波(電波)と物質の相互作用を通じて物性を研究する学問であると定義する.その中で, 我が国が先導して発展させてきたNMRとμSRの足跡を述べる.いずれも, 物質を微視的にとらえその静的な性質のみならず, 核磁気緩和現象を通して物性をかもし出している電子系の動的な性質を明らかにすることにその特徴を持っている.ここで物性としては, 遍歴電子磁性, 高温超伝導, 重い電子系の問題である.これらの理論的研究とNMRとμSRの研究が如何に並行して発展し, 相乗効果をもたらし独特の文化を形成してきたかを述べる.

Materials Physics with Electromagnetic Waves is to be defined as the research field of materials science using the interaction between electromagnetic waves and the materials themselves. Within this filed, NMR and μSR activities that have been developed in a unique way in Japan are reviewed. Those techniques have played a crucial role in understanding the microscopic properties of magnetism and superconductivity. It is also emphasized that these experimental developments have been tightly coupled to theoretical developments and have established a characteristic research culture in Japan.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 61(1), 3-11, 2006-01-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002973225
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    7755275
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ