量子ホール効果 : 進展と展望 Quantum Hall Effect : A Perspective

この論文をさがす

著者

抄録

量子ホール効果において最近, 様々な発展が見られる.これを, 分数量子ホール系が強相関系として独自の面白さをもつことから始めて, さらにスピンや層などの内部自由度をもつ場合の特異な現象, 非平衡・光物性, 他の系への波及(回転するボース凝縮体など)という観点から解説する.

Novel concepts and phenomena are emerging recently in the physics of quantum Hall effect. This article gives an overview, which starts from the fractional quantum Hall system viewed as an extremely strongly correlated system, and move on to present various phenomena involving internal degrees of freedom (spin and layer), non-equilibrium and optical properties, and finally the spinoff to anomalous Hall effect and the rotating Bose-Einstein condensate.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 61(1), 19-26, 2006-01-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  78件中 1-78件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002973227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    7755292
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ