電子会議室における議論内容とプロセスを可視化するソフトウェアの開発と評価 Development and Evaluation of a Software for Visualizing Content and Process of Discussion in Electronic Forums

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 電子会議室で協調学習を行う学習者の発言データをもとに, そこで各学習者が発言している議論の内容とプロセスを可視化するソフトウェアi-Beeを開発した.i-Beeは任意の期間を単位として, 各学習者がどのようなキーワードをもとに発話したのか, 相互関係をまとめたマップを提示する.また, 過去にさかのぼってマップの変化の過程を確認できる.ある大学の授業で, i-Beeを利用して電子会議室上で議論を行い, その有効性を検討したところ, 学習者がi-Beeを見ることで, 自分自身や他の学習者の議論への関わりや, その時点までの関わりの変化の特徴に気づくことができることが分かった.また, 学習者がこれまで関わってこなかった学習者や話題にアクセスしたり, 議論への関わり方をリフレクションすることを促すリソースとなることが示された.

This paper describes an assessment tool to visualize the communication among learners on electronic forums. The authors have developed the software which clarifies the relationship between topic keywords and each learner with Correspondence Analysis. Thus the software called "i-Bee" (Bulletin board Enrollee Envisioner) represents a map between topic parts and students' commitments in the learning community. In this paper, the authors examine effectiveness of the software through an experimental study in a course at a university. The results show that i-Bee promotes students to grasp their commitments in the discussion or transition of their commitments. This promotes students to access messages which they do not care, and to reflect and review their commitments.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 29(1), 23-33, 2005

    日本教育工学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002983352
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    7429974
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ