日韓遠隔授業における中学生の国際性の変容に関する一分析  [in Japanese] An Analysis of Changes of Student's "Awareness of The World" Before and After A Korea-Japan International Distance Class  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日韓間のギガビットネットワークを介して, 日本の長崎と福岡, 韓国光州の3地点を結び, DVTSを用いた遠隔交流および遠隔授業を実践した.本遠隔交流・授業が中学生の国際性に与える影響を明らかにするため, 「外国への意識」, 「愛国心」, 「他者理解の態度」, 「興味・関心・意欲」, 「韓国(日本)に対する認識」の5つの観点で質問紙による調査を行った.そして, 本遠隔交流・授業によって, 日韓両国の中学生の外国への意識や自国の建築物に対する愛着, 相手国に対する認識が向上したことを示した.また, 日本の中学生は, 韓国に対する興味・関心, 韓国語学習に対する意欲が向上したことを明らかにした.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 28(suppl), 197-200, 2005

    Japan Society for Educational Technology

References:  7

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002983380
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    7337411
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top