グループ間相互評価による協調学習の再吟味支援の効果 Facilitating Reflection in Collaborative Learning Using Formative Peer Evaluation Among Groups

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高等教育の授業実践において, グループの協調的な研究活動の再吟味(リフレクション)の支援方法の検討を目的としたデザイン実験を3年間実施した.本研究では, 学期半ばに各グループに対して行った学生アシスタントの形成的な評価のフィードバック(初年次), もしくはグループ間の相互評価とその結果のフィードバック(2∿3年次)が, 各グループの研究活動に与えた効果を検討する.その結果, グループ間の相互評価の方がアシスタントによる評価のフィードバックよりも研究活動に影響を与えうることや, 約半数のグループが外部からの評価を取り入れながら「研究対象」「研究方法」「研究目的」「発表形態」についての再吟味を行い, 研究内容の質的向上を図っていることが示された.また, 再吟味が生じにくい条件についても示唆が得られた.

In this paper, we study the effectiveness of formative peer evaluation among groups in a class to facilitate reflection on collaborative and exploratory problem solving activities, comparing with third-party's comments. This research was designed as a design experiment through three years. At interim and final presentation, the learners were given comments from teaching assistants (TA) in the first year, however in the second and third years, the learners evaluated each other group. As a result, formative peer evaluation among groups tends to be more effective than TAs' comments, and about half of the groups reflected and reconsidered their research objects, styles of presentation, methods, and viewpoints by appropriating evaluation of the other groups.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 28(4), 281-294, 2005

    日本教育工学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002983432
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    7308219
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ