電子掲示板上での学習者の活動を把握する指標の検討 Development of Indexes to Grasp the Learnes' Activity on BBS.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,e-learningにおける電子掲示板上の各学習者の参加状態や,発言の傾向を把握するのに適した指標を検討することを目的として,学習者の参加状態を把握するための指標を12種類,学習者の発言傾向を把握するための指標を3種類設定し,各指標の値をwebブラウザ上に表示するシステムを開発した.このシステムを,実際の電子掲示板のデータに適用し,各指標の値を求めた.その値と,電子掲示板上の議論内容を把握した評定者による,各学習者の議論に対する積極性や影響力の評定との相関を求めたところ,学習者の参加状態を把握するための指標の中では,各学習者が投稿した単語の種類の多さが,議論に対する積極性や影響力を検討するのに比較的適した指標であることが明らかになった.また,授業のコーディネータに対するインタビューを通して,学習者の発言傾向を測定する指標は議論の概要を把握するのに有効である可能性が示唆された.

This study aims at examining what kind of indexes are applicable to grasp learners' condition of participation or tendency of learners' statement on BBS. Twelve indexes for grasping learners' condition of participation, and three indexes for grasping tendency of learners' statement are calculated automatically with a system we developed and displayed on the web browser. We calculated these indexes based on a log data of an e-learning class, and investigated their validity through questionnaire and interview. The result shows that the diversity of posted words is relatively appropriate to grasp learners' condition of participation, because it had strong correlation with assessment of learners' condition of participation by estimators who grasp the communication on BBS well. It is also implied that indexes of tendency of learners' statement are available to take a general view of discussion on BBS.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 28(1), 57-68, 2004

    日本教育工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002983458
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    7053716
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ