銀を含有するシリカガラスの抗菌性 Antibacterial Activity of Ag-Silica Glass as Filler Containing Silver Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大橋 静江 OHASHI Shizue
    • 朝日大学歯学部総合歯科学講座保存修復学研究科 General Dentistry and Operative Dentistry, School of Dentistry, Asahi University
    • 山本 宏治 YAMAMOTO Kohji
    • 朝日大学歯学部総合歯科学講座保存修復学研究科 General Dentistry and Operative Dentistry, School of Dentistry, Asahi University

抄録

Agシリカガラスおよびこれをフィラー成分とするコンポジットレジンの抗菌性を<i>in vitro</i>で検討した.さらに, 銀を含むグラスアイオノマーセメントについても併せ抗菌性を検討した.Agシリカガラスをゾル-ゲル法にて作製し, また, これをフィラーとして70%含むコンポジットレジンを作製した.銀を含むケタックシルバーおよび銀を含まないケタックセムを用いた.<i>S.mutans</i>をTSBY液体培地にて10〜12時間37℃にて嫌気培養し, これを1×10<sup>6</sup>cells/m<i>l</i>に調整した菌液にそれぞれの試料を浸漬した後, TSBY寒天平板培地を用いて菌数を測定した.Agコンポジットレジンならびにケタック-シルバーから溶出する銀イオン濃度をICPを用いて測定した.Agシリカガラスは<i>S.mutans</i>に対して抗菌性を示し, また, Agコンポジットレジンにおいても顕著な抗菌性が認められた.ケタック-シルバーも同様に<i>S.mutans</i>に対して抗菌性を示した.さらに, ケタック-シルバーから溶出する銀濃度が上昇するに伴い生菌数は減少することが確認された.

Antibacterial activity of Ag-silica glass, composite resin filled with Ag-silica glass and silver glass ionomer cement was measured <i>in vitro</i>.Ag-silica glass was prepared by the sol-gel method, and composite resin was mixed in the ratio of resin in Ag-silica glass was 70%.Ketac-Silver and Ketac-CEM were used for this experiment.<i>S.mutans</i> was anaerobically cultured in TSBY at 37℃ for 10-12h.Then bacterial cells were adjusted to a concentration of 1×10<sup>6</sup>cells/m<i>l</i>.Each sample was incubated in this fluid.The number of surviving cells was estimated by culturing on TSBY agar plates.The concentration of silver ion released from composite resin or Ketac-Silver was determined using an ICP.Ag-silica glass and composite resin filled with Ag-silica glass showed significant antibacterial activity.Ketac-Silver also showed antibacterial activity.The number of surviving cells was decreased in proportion to the increase in silver ions released from silver ionomers.

収録刊行物

  • 日本歯科理工学会誌

    日本歯科理工学会誌 16(4), 241-248, 1997

    一般社団法人 日本歯科理工学会

参考文献:  35件中 1-35件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002991987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00127279
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0286-5858
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ