チェア-サイドにおける歯科補綴物の研削・研磨に関する研究 第1報 チタンの研磨について Studies on grinding and polishing of dental prostheses at the chair-side

この論文をさがす

著者

抄録

チタンと金銀パラジウム合金について、耐水研磨紙を用いた機械研磨実験と歯科用回転工具を用いた研削・研磨実験を行い、粗さ測定から研削・研磨挙動に比較検討を加えた。その結果、耐水研磨紙は2金属の研磨に不向きなことが判明した。歯科用回転工具は2金属をより効果的に研磨したが、その程度は金銀パラジウム合金の方が大きかった。難削材のチタンには新規に研削材の開発が必要と考えられた。

収録刊行物

  • 歯科材料・器械

    歯科材料・器械 15(28), 118-119, 1996-09-05

    一般社団法人日本歯科理工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002992285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00127279
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    02865858
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ