A8 幌満カンラン岩体の Sr-Nd 同位体および微量元素システマティクス Sr and Nd isotope and trace element systematics of the Horoman peridotite complex, Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

著者

    • 中村 栄三 Nakamura Eizo
    • 岡山大学・三朝・固体地球研究センター The Pheasant Memorial Laboratory for Geochemistry & Cosmochemistry Institute for Study of the Earth's Interior, Okayama University at Misasa
    • 芳川 雅子 Yoshikawa Masako
    • 岡山大学・三朝・固体地球研究センター The Pheasant Memorial Laboratory for Geochemistry & Cosmochemistry Institute for Study of the Earth's Interior, Okayama University at Misasa

収録刊行物

  • 日本火山学会講演予稿集

    日本火山学会講演予稿集 1995.2(0), 8, 1995

    特定非営利活動法人 日本火山学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003000647
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    2433-5320
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ