日本産鮮新世Elphidiumの1新種 44., A Pliocene Species of Elphidium from Japan

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本産Elpidiumの種の數は, 現在10種知られているが, 中1種は, 北海道の瀧川層, 樺太の圓山砂質頁岩層, 並に仁瀧層から多數産出する。北米西海岸の更新世から報告されてゐる。E., oregonese CUSHUMAN and GRANTに甚だ近いが, 臍部形態の相違に依つて, 別種と考へ, E.,ezoense n., sp.,なる名稱を與へた。本種は, 常にPecten takahashii YOKOYAMAに伴つて産出することから鮮新世有孔蟲と考へられる。〓ほPecten takahashiiの産地で本有孔蟲の發見されない箇所もあるが, それは今後發見の見込があるものと信ぜられる。斯の如く, 興味ある有孔蟲の1新種を提供された東北帝大, 遠藤講師, 稻井講師並に, 北海道帝大, 佐々助教授に深甚な謝意を表す。

Journal

  • The Journal of the Geological Society of Japan

    The Journal of the Geological Society of Japan 44(527), 787-790, 1937

    The Geological Society of Japan

Codes

Page Top