日本産クズヤガヒ 49., Diodora in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クズガヤヒ即ちDiodora屬に屬する種は從來日本からの次の8種が報告されてゐる。D.,funiculata (REEVE), D.,sieboldii (REEVE), D.,ticaonica (REEVE), D.,mus (REEVE), D.,tanneri (VERRILL), D.,crucifera (PILSBRY), D.,elaborata (SOWERBY), D humilis (YOKOYAMA)., 此等の種中ticaonicaが淡路で採集されぬこと, 日本のfuniculataとtanneriと稱するものが原のものと異ることが述べてある。日本のfuniculataにはsuprapunicea, 同じくtanneriにはyokoyamai及びyokoyamai kosibensisを新に命名した。大部分Upper Pliocene以後に生き, crucifera, humilis, yokoyamai kosibensisのみが鮮新世にも生きてゐた。

収録刊行物

  • 地質学雑誌

    地質学雑誌 44(529), 939-946, 1937

    日本地質学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003016097
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141768
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0016-7630
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ