能登半島半床層の化石有孔蟲類 53., Pleistocene Foraminifera from the Hiradoko Shell Beds, Noto Peninsula, Japan

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

卒業論文作成中, 不幸にしてフヰールドに急焉玉碎されし故松島君が, 筆者に, 平床貝層の有孔蟲類研究を依頼されたのは, 5月初旬であつた。而して今や君への報告が, 靈前に捧げなければならなくなつた。平床貝層の有孔蟲類は可成り暖海性の要素を含み, 且つ同地方の第三紀層のものとは, 明に區別され得る。本有孔蟲群の中に新種(Gaudryina matusimai n., sp.,)を發見せる外, 日本海沿岸にて始めて, Amphistegina radiata (F.,&M.,)及びSorites marginalis (LAM.,)の如き熱帶性有孔蟲化石産地を知ることが出來た。

Journal

  • The Journal of the Geological Society of Japan

    The Journal of the Geological Society of Japan 44(531), 1231-1238, 1937

    The Geological Society of Japan

Codes

Page Top