66., 日本産 Bolivina 屬有孔蟲 66., On the Japanese Species of Bolivina and Its Allied Genera.,

Access this Article

Search this Article

Abstract

Bolivina 及其近似屬の有孔蟲に關しては, 最近 CUSHMAN の monographic study があり, 可成りよく知られるに至つた。日本産のものに就いて之を調査せしに, 20種を識別することが出來た。其等の中 Bolivina hanzawai, B., subangularis ogasaensis, B., p-seudodifformis, Loxostoma amygdalaeforme iokiense, Bolivinita quadrilatera cuneata は日本の太平洋側の鮮新世のみから發見され, 其他の地方からは, 現世, 化石共に知られていないことは注目すべきである。尚ほ Geminaricta 屬の有孔蟲は, 從來歐洲のMio-ceneのみに限られていたものであるが, 蒼鷹丸採集の現世標本有孔蟲のうちに, 本屬のものと考へられる1新種を發見した。本文には之等の屬及種に就いての考察を述べたものである。

Journal

  • The Journal of the Geological Society of Japan

    The Journal of the Geological Society of Japan 45(538), 600-609, 1938

    The Geological Society of Japan

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003016215
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00141768
  • Text Lang
    UNK
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0016-7630
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top