西南日本における中央構造線の地震学的研究 SEISMOLOGICAL STUDY ON THE MEDIAN TECTONIC LINE OF SOUTHWEST JAPAN

この論文をさがす

著者

抄録

西南日本の地殻内地震及び地殻下地震のテクトニックな意味を,特に中央構造線(MTL)沿いの断層運動との関係において議論した。MTL沿いの断層運動の活発な部分(紀伊半島西部~四国中部)では,地殻内における,小又は微小地震の活動が活発であり,MTLは,広い意味で,南側の地震活動域と北側の低活動域の間の境界となっている。これらの小地震によって解放される歪は,小規模なものであるため,MTLの断層運動が活発な部分のまわりに,過去1,000年の間に大地震が発生していない事実は,近い将来における大地震の発生を示す「地震の空白域」として,認識されるべきであろう。地殻下地震の分布や地震波高速度層の分布から,high-Q zoneの分布を参考しつつ,南海トラフからもぐりこんでいるフィリピン海プレートの形を推定した。その形は,MTLの断層運動と密接な関係があり,(1)断層運動の活発な所では,もぐりこむプレートのの先端は,MTLの外側にある,(2)断層運動が不活発な所では,プレートの先端は,MTLの下を横切って内側までのびているという見かけ上の位置関係がみられる。この関係は,MTLより外側の大陸プレートがMTL沿いに,内側のプレートからdecoupleするか,又は,decoupleしないかという関係におきかえて説明することができた。

Tectonic implications of crustal and subcrustal earthquakes in Southwest Japan are discussed in relation to the faulting activity along the Median Tectonic Line (MTL). Activity of small crustal earthquakes is high around the active segment of the MTL, and the MTL forms, in a broad sense, a boundary between the seismically active area on the southern side and the aseismic area on the northern side. As these small earthquakes release only small fractions of accumulated strain energy, a quiet zone of historical earthquakes appearing around the active segment of the MTL should be recognised as a seismicity gap indicating a likely site of future large earthquakes. The shape of the underthrusting slab of the Philippine Sea plate has been derived from distributions of subcrustal earthquakes, high velocity layer and high-Q zone and seems to be closcly related to recent faulting activity along the MTL. Spatial relations show that (1) around the active segment of the MTL on the leading edge, the lower tip or the underthrusting slab still remains in the outer side of the MTL but (2) around the segments of low activity the leading edge extends to the inner side across the MTL. This explained in terms of the decoupling of the outer continental block from the inner one along the MTL.

収録刊行物

  • 地質学論集

    地質学論集 (18), 155-174, 1980

    日本地質学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003025768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141779
  • 本文言語コード
    ENG
  • データ提供元
    NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ