日高帯のマントル物質の形成とマグマ活動, 幌満カンラン岩体の層状構造の成因 Magmatism and Genesis of Mantle Materials of Hidaka Belt, Origin of 1ayered structure of the Horoman ultramafic complex

この論文をさがす

著者

抄録

幌満カンラン岩体では顕著な層状構造が発達している。その層状構造には, 対称性, 非対称性, スケール不変性という特徴がある。特に, アポイ岳の北尾根と坊主山の西尾根にあるガブロ層の配列パターンに, 対称性と非対称性が明瞭に認められる。こうした特徴を持つ層状構造は, 変形による引き延ばしと折り畳みの結果作られたものであることが, 簡単なモデルを用いて示される。そのモデルから, 層の厚さの積算分布関数の傾きは, 変形の程度(歪み速度)の空間的不均一さの強さの程度を表していることがわかった。Takazawa (1990)によって得られている幌満カンラン岩体のガブロの層厚分布にモデルの結果を応用すると, 斜長石カンラン岩とガブロの互層領域では変形の最も大きかったところと少なかったところで7倍, ダナイト・ハルツバージャイトとガブロの互層領域では24倍の歪み速度の不均一があったことがわかった。

The Horoman ultramafic complex exhibits a conspicuous layering structure. The structure has three characteristics: Symmetry, asymmetry and scale-invariant. Especially, asymmetric and asymmetric pattern is clearly recognized in the alignment of gabbro bands at the Northern ridge of Apoi-dake and at the Western ridge of Bozu-yama. It is shown that such a characteristic layering structure can be generated by stretching and bending during deformation (or stream line mixing), using a single model. The model numerically shows that the slope of cumulative distribution function of layer width is strongly influenced by the spatial heterogeneity in strain rate, Applying the observational data for gabbrobands by Takazawa (1990) to the model result, it is found that the strain rate varies by 7 times from the most deformed region to the least deformed region in the plagioclase lherzolite with gabbro and by 24 times in the dunite-harzburgite with gabbro.

収録刊行物

  • 地質学論集

    地質学論集 47, 185-192, 1997-04-24

    日本地質学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003025963
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141779
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03858545
  • NDL 記事登録ID
    4283362
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ