字幕映画の視聴における眼球運動の分析 Analysis of Eye Movement during the Viewing of Subtitled Movies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

映像と文字情報の提示についてのデザイン原則への示唆を得ることを目的として,外国映画の字幕つきビデオを視聴するときの眼球運動を分析した.実験材料として,字幕版のビデオ,「JFK」と「マルコムX」を用いた.それぞれから5分間程度のシーン4つを選び,編集したものを,アイマークカメラを装着した被験者に視聴してもらい,そのときの眼球運動を記録した.1行6文字,1行13文字,2行13文字,2行20文字の4種類の字幕パターンに注目し,それぞれにおいて,眼球運動を,字幕への反応時間,先頭への移動時間,実質的な読み時間,(2行字幕の場合)改行時間,に分解し詳細に調べた.その結果,字数が増えれば増えるほど文字あたりにかかる時間が長くなり,そこでは行数の要因と文字数の要因とが効いていることが明らかにされた.

The purpose of this paper was to analyze eye movements of Japanese subjects viewing subtitled American movies. Condensed versions of four scenes totaling five minutes from two subtitled movies, "JFK" and "Malcom X", were presented to subjects who wore eye tracking instruments. Recorded eye movements were classified into four processes : (1) jump to the subtitled area, (2) jump to the head of the subtitle, (3) reading of the text and (4) jump to the head of the second line (for two-lined subtitles). Analysis of the movements during presentation of four kinds of subtitles (six characters in one line, 13 characters in one line, 13 characters in two lines, and 20 characters in two lines) determined that reading rate was lowered by two factors ; the number of lines and the number of characters. Results attest to importance in the design of simultaneous presentations of text and moving pictures.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 20(3), 161-166, 1996

    日本教育工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL 記事登録ID
    4157123
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ