文脈情報のグラフ構造化の検討  [in Japanese] Study of Context Information by Graphical Method  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

文章構造において文脈が有する意義は, すこぶる大きく, その理解を左右するが, 現在迄文脈を把握するための技術的手法は得られていない.それは文章作成の立場での枠組みの提案(例えば起承転結)に重点が置かれ, 理解は読者の恣意に任されてきたからと思われる.しかしCAIの進歩は著しく, 長文読解においてもパソコンの利用が検討されるべき段階にきている.その第一歩として, 文章が有する絵画的構造をグラフに表現する手法を検討した.ここでは研究内容の紹介し易さの観点から俳句と短詩の例を取り上げたが, 提案する手法は, その内容からみてこれらの例題の類に限定されるものではない.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 21(suppl), 37-40, 1997

    Japan Society for Educational Technology

References:  5

  • <no title>

    川本茂雄

    ことばとイメージ-記号への旅立ち 195, 1986

    Cited by (1)

  • <no title>

    杉山平一

    三好達治 「風景と音楽」 237, 1992

    Cited by (1)

  • <no title>

    時枝誠記

    文章研究序説 256, 1965

    Cited by (1)

  • <no title>

    ピエールギロー

    意味論 151, 1990

    Cited by (1)

  • Representation of Understanding  [in Japanese]

    NOMURA HIROSATO

    IPSJ Magazine 30(10), p1161-1168, 1989-10-15

    IPSJ Cited by (5)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003026318
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00368220
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL Article ID
    4299956
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top