マンガによる表現が学習内容の理解と保持に及ぼす効果 The Effects of Comic-based Presentation of Instructional Materials on Comprehension and Retention

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究はマンガによる学習内容の提示が理解と保持に及ぼす影響について検討した.学習内容部分とストーリー部分を含むマンガを材料として,(1)マンガか文章かによる学習内容部分の表現方法の違い,および,(2)マンガによるストーリー部分の提示の有無の2つの要因が内容の理解と保持に及ぼす効果について実験した.各要因が理解の深さにどのように効いているのかを検討するために,解答に必要とされる理解の度合いが異なるようなテストを3種類用意し,読解直後と1週間後にテストを行った.その結果,解答にあまり深い理解を必要としない場合,マンガによる学習内容部分の提示が有効であるが,推論や新しい事態への知識の適用が必要とされるテストでは,マンガによるストーリー部分を提示することが成績を有意に高めることが明らかになった.また,実験後のアンケート結果から,関心度はストーリー部分を含む全体を提示することによって高まることがわかった.

This paper examined the effects of instructional materials presented in either comic or text form on immediate and delayed comprehension test performance. In the experiment, instructional materials were presented to 97 university students either in comic or text form (Factor 1), and either with an accompanying story line (context) in comic form or without it (Factor 2). Results of tests which required three different levels of comprehension (shallow to deep), made it clear that presentation in comic form enhanced the retention of the contents at the shallow level. In addition, the presentation of an accompanying story line in comic form enhanced the memory needed for answering deep-level questions. Responses to a questionnaire suggested that the subjects were more interested in the contents when presented in comic form with an accompanying story line.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 22(2), 87-94, 1998

    日本教育工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026334
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL 記事登録ID
    4628630
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ