CSCLのシステムデザイン課題に関する一検討 : 認知科学におけるデザイン実験アプローチに向けて A Consideration of the Problem of System Design of CSCL : Toward the Design Experiment Approach in Cognitive Science

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンピュータによる協調学習支援(CSCL)研究は,コンピュータを用いて,複数の学習者間の相互作用を通した知識構築を支援することをめざしている.学習者の相互作用は,知識構築の必要条件であり,それを誘発し,促進するための機能やインタフェースなどの実装が不可欠である.これまでCSCL研究においては,数多くのシステムが開発・評価されている.それらの研究知見は,研究者がシステムデザインを行う際に参照可能であるように,デザイン対象項目ごとに整理されることが望ましい.本稿は,まずはしめに先行するCSCLの研究知見を,可視化,キューイング,コンテンツの3つの観点から検討・整理し,最後に今後のシステムデザインの課題を指摘する.

The purpose of CSCL (Computer Supported Collaborative Learning) is to support learners' knowledge-building through learners' interaction. Due to the fact that learners' interaction is a prerequisite for knowledge-building, we need to implement the function and the interface suitable to enhance interaction. Although profuse research aiming to develop and evaluate the CSCL technology has been conducted, it's desirable that its outcome is properly organized for researchers to refer to it in designing a new CSCL system. This paper is intended as a review of the previous CSCL research, which will be thoroughly considered and classified in terms of three view points: 'visualization', 'cueing' and 'contents'. Finally, the task of system design of CSCL is pointed out as one proposal.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 25(4), 259-267, 2002

    日本教育工学会

参考文献:  49件中 1-49件 を表示

被引用文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026435
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03855236
  • NDL 記事登録ID
    6136360
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ