協調学習におけるネットワーク上の活動と対面活動の関係について Relation between Face to Face and Computer-mediated Communucation on Collaborative Learning

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 協調学習の過程を対面環境とネットワーク環境のそれぞれに分けて考察した.ある授業の実践における, メーリングリストの発言の分析と, 授業後に学生に対して実施した質問紙調査から得られた様々なデータとの関係を検討した.そこで, 両環境と学習者の学習活動への参加にはどのような関係があるかについて明らかにした.その結果, ネットワーク上の学習活動への参加には, 対面での議論の内容に対する理解が深く関係することがわかった.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 25(suppl), 145-148, 2001

    日本教育工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026450
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL 記事登録ID
    6029553
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ