小学校情報教育における児童のWebブラウジングの特徴分析 Analysis of Children's Web Browsing Process on ICT Educationin Elementary Schools

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菊地 秀文 KlKUCHI Hidefumi
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Dept. of Human System Science, Graduate School of Decision Science and Technology Tokyo Institute of Technology
    • 赤堀 侃司 AKAHORI Kanji
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Dept. of Human System Science, Graduate School of Decision Science and Technology Tokyo Institute of Technology

抄録

本論文は,筆者らの小学校におけるWeb探索の授業を対象とした参与観察において得られた知見について述べている.Web上の膨大な情報の中から,いかにして目的の情報を発見できるかは,現在児童に求められている重要な情報活用能力といえる.本論文では児童のブラウジング過程に注目し,その分析を行った.結果,その特徴について以下の可能性が示唆された.(1)Webブラウジングの概念とその操作は児童にとって習得しやすいものである.(2)ブラウザの「戻る」ボタンの使用頻度が多く,それはWebの階層移動における認知的負荷を低減させている.(3)学年が上がるにつれてWebページの注視時間が長くなる.さらにWeb探索の授業のいくつかの課題についても述べている.

This paper describes an analysis of children's Web browsing behavior during Information Communication Technology (ICT) classes at an elementary school. There are huge numbers of information on the Web. ICT literacy is requested to children, because they have to discover the topic by themselves from the Web. Children's Web browsing processes were specifically analyzed. As results, the following findings were picked up. 1) The children easily mastered a concept and operation of Web browsing. 2) Children used a "back" button of a browser frequently. This method reduces cognitive load on the children's Web navigation. 3) Results revealed that younger children viewed pages for significantly shorter periods of time when compared to older children. Moreover, this article describes a problem of Web browsing in ICT class.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 27(2), 143-153, 2003

    日本教育工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026488
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL 記事登録ID
    6757932
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ