学習者構成型授業における教授法と学習環境デザイン実験研究の評価 An Evaluation of Teaching Method and Learning Environment Design Experiments in a Learner-Constructing Course

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高等教育における授業実践において,学習者自身による問題発見や解決といった知識の構成を重視する教授法と,グループ間の相互学習機会の導入による学習環境のデザイン実験を,学習者がどのように評価しているかを検討した.学生による授業評価結果をもとに比較検討を行った結果,授業担当者やスタッフは高く評価されるものの,授業の体系性や目的性が低く評価される傾向が示された.また,学習者は授業目的や研究意図を意図以上に意識する可能性が示された.デザイン実験にあたっては意図せざる影響の把握も含めた評価の必要性が示唆される.

収録刊行物

  • 日本教育工学雑誌

    日本教育工学雑誌 27(suppl), 73-76, 2004

    日本教育工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003026536
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00368220
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL 記事登録ID
    6888325
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ