文節単位停止スクロール表示システムの開発と評価  [in Japanese] Development and Evaluation of the Wait Scroll System to Display Sentences par Segment  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

文章のスクロールは,学習者に,限られた範囲で情報を効率よく提示できる反面,文章が常に動き知覚しにくい特徴がある.この欠点を補うため,スクロールする文章を文節単位で停止をするシステム(文節単位停止システム)を開発した.また,それが従来通りのスクロール(普通スクロール)に対して,記憶効果に違いがあるのかを検討した.その結果,文節単位停止システムによるスクロールの方が,記憶の保持に関して高い効果があるということがわかった.また,誤答の分類により,文字列自体の回答位置の間違いによる誤答に関し,文節単位停止システムの方が間違えにくいという結果が得られた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 27(suppl), 181-184, 2004

    Japan Society for Educational Technology

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003026563
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00368220
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL Article ID
    6888415
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top