段階型教育実習における実習生の教育実践活動に関する認知の変容  [in Japanese] Changes of Student Teachers' Cognition about Teaching Practices and Activities in a Step-by-step Practice Teaching  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,教育実習生を対象とした質問紙調査に基づき,段階型教育実習の経験による教育実践活動の認知を分析し次の知見を得た.1)因子分析を行った結果,(1)教育の基礎的活動,(2)学級のルール等の11因子を抽出した.(2)とくに実習生は,第1因子「教育の基礎的活動」を実習において重要な因子として焦点をあて,実習前に活動を構想するが,実習期間中に活動することは難しい.(3)実習経験を踏まえ教育実践活動について認知を深めた3年生は,実習前にすべての因子について活動の構想をもつとともに,実習中も多くの因子についての活動に取り組んでいた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 27(suppl), 185-188, 2004

    Japan Society for Educational Technology

References:  2

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003026564
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00368220
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL Article ID
    6888418
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top