家庭科教員養成のための新しい授業の試みとその検討 : CSCL環境下での多様な社会的相互交流  [in Japanese] A New Teaching Practice for Prospective Teachers in a Family and Consumer Science Education Course : Various Kinds of Social Interactions in a CSCL Environment.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

家庭科専攻の大学3年生が,CSCL環境によって,異なるタイプの人々と交流しながら,学習指導案等を作成・改善する過程をポートフォリオ化する授業実践を行った.交流相手は,同じ3年生同士,教育実践経験の豊富な大学院生,教科内容専門の大学教員である.学習過程と成果,事後調査の分析から,3年生の学習指導案等は改善され,学習指導案を分析的に読む力がついたことが確認された.3年生同士と大学院生,教科内容専門の大学教員の発言にはそれぞれ異なる特徴と影響が認められた.このことからCSCL環境下での多様な社会的相互交流は,家庭科教員養成の有効な授業方法となりうることが示唆された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 27(suppl), 201-204, 2004

    Japan Society for Educational Technology

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003026568
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00368220
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-5236
  • NDL Article ID
    6888433
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top