自然な音声対話における間投詞・ポーズ・言い直しの出現パターンと音響的性質  [in Japanese] Phenomena and acoustic variation on interjections, pauses and repairs in spontaneous speech  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

人間の自然な発話には間投詞や言い直しが含まれる。特に、間投詞に関しては、1文に1個以上の割合で出現し、また言い直しに関しても10文に1〜2回程度の頻度で出現している。更に言い直しは、1文が長くなるほど現れ易い傾向がある。そのため、自然な発話を扱おうとすると、間投詞や言い直しに対処する必要がある。本論文では、まず間投詞語彙の出現位置と出現頻度及び音響的性質を調べ、その統計情報に基づく音声認識法を述べる。次に、ポーズと間投詞及び言い直しの出現の関連を述べる。また、言い直しの形態と、音響的性質について述べる。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 51(3), 202-210, 1995

    Acoustical Society of Japan

References:  15

Cited by:  49

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003106682
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    3594143
  • NDL Source Classification
    M079(振動工学・音響工学)
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top