騒音データベースと日本語共通音声データDAT版  [in Japanese] A noise database and Japanese common speech data corpus  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本国内の企業、大学、国立研究所の研究者で構成される委員会で作成した騒音データベースと日本語共通音声データを紹介している。騒音データベースは、音声入力装置の使用が予想される環境を考慮して、典型的な騒音を十数種類収録し、装置の性能評価などに利用できるものである。これはDATテープ18巻に収録されている。日本語共通音声データは、装置の性能評価及び音声処理システムの研究開発への利用を目的として作成された。単音節、地名、4桁数字、制御語、計323語を20代から60代まで男女各75名計150名の話者が各項目を4回ずつ発声している。DATテープ76巻に収録されている。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 47(12), 951-953, 1991

    Acoustical Society of Japan

Cited by:  42

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003110321
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    3737835
  • NDL Source Classification
    M037(環境科学・自然災害・防災科学--騒音・振動)
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top