7.小細胞型未分化肺癌の超微形態的検討 : 第13回日本肺癌学会九州支部  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

我々は最近経験した2,3の症例に光顕的,電顕的検討を加えてこの点につき検討した.<結論〉:1)小細胞性未分化癌の一部には末梢発生のものが認められ,末梢領域にも発生母組織の存在が考えられる.2)光顕的には燕麦型のものも含めて2種以上の細胞群で構成されている事が多い.3)光顕的に定型的な燕麦型と判断されないものでも,電顕的に検討すると,紡錘状及びリンパ球様のものでは,特に前者に多く,セロトニン様穎粒を認める事ができ,Kultschitzkycellとの比較検討が必要である.また気管支基底細胞との形態的類似はpolygonalな細胞に比して乏しいと思われた.

Journal

  • Japanese Journal of Lung Cancer

    Japanese Journal of Lung Cancer 15(4), 353, 1975-12-10

    The Japan Lung Cancer Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003126247
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00203978
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    03869628
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top