マスキングノイズによるスピーチプライバシー保護に関する一考察  [in Japanese] Study on achieving speech privacy using masking noise  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

音声を最低音圧レベル値で頑健にマスクするという意味で最適な無意味定常雑音を用いて, これがスピーチプライバシー保護にどの程度有効であるかを考察している。具体的には, これまで提案されている明瞭度指数とスペクトル距離の二つの指標を導入し, スピーチプライバシーを保護するマスキングノイズを設定するために用いる指標としてはどちらが有効であるかをまず考察している。その結果, スペクトル距離がより有効な指標であることが分かった。次に, 様々なスピーチプライバシーの程度を設定し, それに対応したマスキングノイズを放射して音響心理実験を行った。予測値と実測値を比較した結果, 両者の良い一致性が認められた。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 61(10), 571-575, 2005

    Acoustical Society of Japan

Cited by:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003143811
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    7681788
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top