適応フィルタと遅延回路によるハウリングキャンセラの拡声装置への適用  [in Japanese] Application of howling canceler using adaptive filter with delay circuit to sound reinforcement system  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

拡声対象音声の抑圧を遅延回路によって低減し, マイクロホン出力に含まれる帰還音成分だけを適応フィルタによって推定, 抑圧する拡声用ハウリング防止装置について, 理論的, 実験的に検討した。誤差信号に拡声対象音が含まれるために適応フィルタのフィルタ係数は最適値の周りで変動するが, 時変でありハウリングの原因とはならない。しかし, この分散によって帰還音のパワーは増大するので, 装置の安定条件は適応アルゴリズムの収束条件よりも厳しい。標本化周波数16kHz, タップ数4,096, 遅延時間14ms, LMSアルゴリズムを用いた装置で, 残響時間0.4sの疑似拡声音場において10dB以上の拡声利得の増大が可能であった。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 61(10), 585-596, 2005

    Acoustical Society of Japan

Cited by:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003143813
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    7681814
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top