問題行動の継続過程の分析 : 問題行動をめぐる生徒関係のあり方から  [in Japanese] The Continuous Process of Problem Behavior : Analysis of Student Relationships  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,問題行動及び指導に対する生徒の意味づけを明らかにすることにより生徒同士の関係のあり方から問題行動の継続過程について検討することである。問題行動の繰り返しによって高校を中途退学した少年F(18歳)を対象に17回のインタビューを行い,彼の問題行動や指導,自己に対する意味づけを探った。また,Fと同時期に同校に在籍していた生徒4名へのインタビューから,他の生徒の問題行動や指導,及び問題行動を起こす生徒(F)への意味づけを探った。そして,Fと他の生徒の意味づけを比較し,問題行動を巡る生徒同士の関係のあり方から問題行動の継続過程について検討した。その結果,(1)問題行動・指導に対する意味づけは,生徒が置かれた状況によって異なること,それと対応して,(2)問題行動を起こす生徒も個々の生徒との関係に応じて,自らの問題行動に対して異なる意味づけをしていることが明らかになった。Fは「悪ガキ」との関係において,問題行動を肯定的に意味づけ(「格好いい」),親密な関係を築く一方で,悪ガキ以外の生徒との関係においては,問題行動を否定的に意味づけ(「(自分は)抹消されている」),関係を希簿化させていた。このことから,Fが問題行動を起こすほど,そして,それに対する指導を受けるほど問題行動が繰り返されやすくなる生徒同士の関係が生じるという。Fの問題行動・指導を巡る循環関係の存在が示唆された。

This research concerned the psychological processes associated with adolescent problem behavior that occurred over time in a school context. It consisted of a series of interviews with an 18 year-old boy named 'F' and with 4 of his school-mates. F had dropped out of high school, where he had repeatedly evidenced problem behavior. An analysis of the interview protocols showed that F engaged in two different types of relationships. The first one was his relationship with delinquent boys, and the second was his relationship with other high school students. Problem behavior and the guidance of teachers differed for these two types of relationships. In the former relationships, problem behavior had a positive sense, whereas in the latter it had a negative sense. These results indicated a circular relation between F's problem behavior and teachers' guidance, by which the more F showed problem behavior and had been given guidance about the behavior from a teacher, the more new problem behaviors he evidenced.

Journal

  • The Japanese Journal of Developmental Psychology

    The Japanese Journal of Developmental Psychology 12(2), 135-147, 2001

    Japan Society of Developmental Psychology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003146607
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10229548
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-9029
  • NDL Article ID
    5846650
  • NDL Source Classification
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL Call No.
    Z19-3071
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top