非行少年の「問題」はいかに語られるか : ある更生保護施設職員の語りの事例検討  [in Japanese] A Case Study of a Practitioner's Narrative about Problems of Juvenile Delinquents.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

非行少年の問題を研究するためには,少年の行為自体や,家族関係などに注目するだけではなく,そこに問題をみてとる側の視点に注目し,実践場面においてどのような知識が意味をもっているのかを調べること伝実践を反省的に見つめなおすためには有用であると思われる。本研究では,ある更生保護施設(A園)で,非行少年の更生・自立を支援する一人の実践家(N氏)のインタビューを,その実践についての観察記録とともに質的に分析した。そして,非行少年の問題が,いかに語りの中で構築されるのかを,実践との関連において検討した。インタビューには4つのテーマがあった。第1に,家族を非行化の原因とする語り,第2に,少年たちの親へ,わが子に対する教育の責任を問うこと,第3に,少年自身を基本的な生活能力を身につけていないものとすること,そして第4に少年との関わりについてであった。各々の特徴は,N氏やA園の実践を,聞き手に意味のあるものとして見せる語りロをとっていた。これらの語りはN氏の実践との関連において考察された。

In the study of juvenile delinquency, it is useful to consider not only the delinquent's behavior and family relationships, but also the practitioner's perspective which have practical implications. Analysis of how a practitioner at a juvenile group home oriented daily activities revealed the practitioner's construction of the problems of juvenile delinquency. There were four related characteristics in the practitioner's narrative: attributions of the family as a cause of delinquency, blaming of family members as responsible for training their son, description of the delinquent as lacking in basic social skills, and a focus on how the practitioner treated the delinquent. The findings were discussed in relation to the daily activities of the practitioner at the group home.

Journal

  • The Japanese Journal of Developmental Psychology

    The Japanese Journal of Developmental Psychology 14(3), 233-244, 2003

    Japan Society of Developmental Psychology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003146657
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10229548
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-9029
  • NDL Article ID
    6786591
  • NDL Source Classification
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL Call No.
    Z19-3071
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top