中年期夫婦のコミュニケーション・パターン : 夫婦の経済生活及び結婚観との関連 Communication Patterns of Married Couples : Association with Couples' Occupational Statuses and Marital Ideals.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は、核家族世帯の中年期夫婦277組を対象に,夫婦間コミュニケーション態度をもとに夫婦のコミュニケーション・パターンの特徴を明らかにし,その様態が夫・妻それぞれの心理状態とどう関係しているか,またコミュニケーション・パターンの差をもたらしている要因を夫婦の経済生活及び結婚観との関連で検討した。主な結果は次のとおりである。(1)対象夫婦は,双方がポジティブな態度でコミュニケーションをしている「共感親和群」(36.5%),平均的で中立的なコミュニケーションをしている「平均中立群」(35.7%)、双方がネガティブな態度でコミュニケーションしている「威圧回避群」(27.8%)の3群に分類された。(2)共感親和群及び威圧回避群では,妻は夫に比べて夫婦関係満足度が低く,離婚思念度が高いことが明らかにされた。特に威庄回避群では夫と妻との得点差が他の2群に比べて大きかった。(3)夫婦の経済生活はコミュニケーション・パターンの違いと関連しており,片働き夫婦では平均中立群が多いこと,一方、妻の年収100万円以上の共働き夫婦では共感親和群が多いことが見出された。(4)夫婦のコミュニケーション.パターンと結婚観との関連を検討した結果,共感親和群の夫は平均中立群・威圧回避群の先に比べて,<相思相愛>及び<夫の妻への理解・支持>が顕著に高いことが明らかにされた。

This study investigated the communication patterns of middle-aged married couples, and analyzed the association between their occupational statuses and marital ideals. Participants were 277 post-parental married couples in nuclear families. The main results of the study were as follows. First, cluster analysis of communication attitudes extracted three types of communication patterns among couples: a "sympathetic friendly type" (36.5%), "average neutral type" (35.7%), and "oppressive and withdrawing type" (27.8% of couples). Secondly, among the "average neutral" and "oppressive and withdrawing" types, especially the latter, wives' marital satisfaction scores were significantly lower than their husbands' scores. Third, couples' occupational status had a significant relationship with their communication patterns. Single-income couples were more likely to be classified as "average neutral" in communication, whereas dual-income couples (wives' annual income greater than one million yen-about US$9,000) were most often classified as "sympathetic friendly" in communication. Finally, concerning marital ideals, husbands in "sympathetic friendly" couples emphasized "love and mutual respect" and "understanding and support of my wife" more than did husbands in the other two clusters of communication types.

収録刊行物

  • 発達心理学研究

    発達心理学研究 15(1), 89-100, 2004

    一般社団法人 日本発達心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003146673
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10229548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0915-9029
  • NDL 記事登録ID
    6924689
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z19-3071
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ