海藻中の水溶性および不溶性食物繊維による抱合型胆汁酸塩の吸着  [in Japanese] Adsorption of conjugated bile salts to soluble and insoluble dietary fibers of seaweeds  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 王 〓 WANG Wei
    • 東京水産大学食品生産学科 Department of Food Science and Technology, Tokyo University of Fisheries
    • 鈴木 健 SUZUKI Takeshi
    • 東京水産大学食品生産学科 Department of Food Science and Technology, Tokyo University of Fisheries

Abstract

本研究ではワカメ,ヒジキ,マコンブ,スサビノリの水溶性および不溶性食物繊維によるコール酸,ケノデオキシコール酸,デオキシコール酸のグリシンまたはタウリン抱合型の吸着について調べた。海藻中の不溶性食物繊維による抱合型胆汁酸塩の吸着量は水溶性食物繊維のそれより多かったが,これは海藻中に不溶性食物繊維が多く含まれていたためである。一方,コンブの水溶性食物繊維による吸着力は不溶性食物繊維より高いことが示された。海藻中の水溶性および不溶性食物繊維による抱合型胆汁酸塩の吸着量は非抱合型より少なかった。日水誌,68(4),579-581(2002)

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 68(4), 579-581, 2002-07-15

    The Japanese Society of Fisheries Science

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003160610
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    00215392
  • NDL Article ID
    6232425
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE  NDL-Digital 
Page Top