電力線通信によるホームネットワーク  [in Japanese] The home network by power-line communication  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では、電力線通信(PLCと呼ぶ)を3つのアプリケーションに分類している。つまり、インターネットアクセス、ホームネットワーク、および家屋間通信である。それらのなかでも特に、電力会社によるインターネットアクセスサービスの実験結果、およびホームネットワーク応用を目的としたHomePlug Powerline Alliance の状況が述べられている。なお、後者は短波帯(2M〜30MHz)を用いた高速PLCであり、米国で使用できる。日本では、電波法の規制を緩和する必要があり、そのためには既存無線局に対する電磁干渉を軽減しなければならない。

Power-Line communications (PLC) are classified into three applications, i.e., Internet access, home-network, and inter-house communications, and those current situations in Japan are explained in this paper. The experiments of Internet access service by Japanese power utility companies and the activity of HomePlug Powerline Alliance in U.S.A., i.e., high speed PLC using HF frequency band (2M to 30MHz) for home-networking, are introduced. To realize the latter technology in Japan, it is also explained that the deregulation and the solution for the interference to the existing radio stations are needed.

Journal

  • Technical report of IEICE. TM

    Technical report of IEICE. TM 103(574), 51-56, 2004-01-15

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  27

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003170185
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1123835X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6861663
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top