適応型帯域推定とSACKを組み合わせた無線ネットワーク向けTCP  [in Japanese] A Technique of Adaptive Bandwidth Estimation for SACK Based TCP over Wireless Networks  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,モバイル機器の発展により,無線環境でインターネットを利用する機会が増えている.しかし,TCPは有線を前提に設計されているので,無線環境で生じるランダムエラーやバーストエラーの影響を受け,利用できる帯域を有効に使うことができない.そこで,無線環境を考慮に入れたTCPの研究が必要となる.本論文はSACKとTCP-WestwoodのRate Estimationの組合せをベースに,スロースタート後にBandwidth Estimationを用いることで性能を改善し,RTTの最小値を再設定することで既存のTCPに対しTCP-Westwoodが不利になる環境での親和性を改善した.既存のTCPとの親和性が高く,無線環境においても効率的に通信することができるTCPの改良を提案する.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers B

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers B 87(10), 1657-1667, 2004-10-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  21

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003170640
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    7107537
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top