GPM搭載35.5GHz降雨レーダによる降雨観測に及ぼす地表面クラッタの影響評価とサイドローブクラッタの新しい低減手法の検討  [in Japanese] The Evaluation of Surface Clutter Interference with Precipitation Measurement by 35.5 GHz Precipitation Radar onboard the GPM Core Satellite and an Approach to Suppress the Side Lobe Clutter  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

TRMM(熱帯降雨観測衛星)搭載降雨レーダの成功により,それを発展させるGPM(全球降水観測計画)が計画されている.GPMは主衛星と副衛星から構成される.GPM主衛星には降水観測の高精度化と高感度化を目的に,TRMM搭載降雨レーダで使用されたKu帯(13.8GHz)に加え,Ka帯(35.5GHz)を使用する2周波降水レーダ(Dual frequency Precipitation Radar, DPR)の搭載が計画されている.本研究では,GPM主衛星搭載予定のKa帯降水レーダを想定し,降水観測に悪影響を及ぼす地表面クラッタの影響の評価を行った.評価においては,導波管スロットアレーアンテナを使用した能動型フェーズドアレーレーダを想定し,128台の送受信器,移相器の誤差を考慮し,アンテナパターンを求め,地表面散乱モデルと組み合わせて,降雨エコーに対する地表面クラッタの比(SC比)を求めた.また,TRMM搭載降雨レーダの観測結果から強く求められているサイドローブクラッタの低減手法の効果に関しても定量的な検討を行った.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers B

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers B 87(6), 883-892, 2004-06-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003170745
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    6975946
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top