日本語話し言葉音声認識のための音節に基づく音響モデリング  [in Japanese] Syllable-Based Acoustical Modeling for Japanese Spontaneous Speech Recognition  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本語話し言葉音声認識のための音節に基づく音響モデリング手法について検討している.従来,「モーラ」単位に基づくサブワード音響モデルが検討され,読上げ音声認識においてその効果が確認されている.それに対し本論文では,「音節」と「モーラ」をその定義から明確に区別し,話し言葉音声認識において,「音節」が「モーラ」より音響モデルの単位として適していることを示す.具体的には,話し言葉音声特有の現象で,頻繁に発生する「長母音化」に注目し,これを明確に考慮した音節モデル,並びにその高精度なモデリング手法を提案する.学会講演音声を対象とした認識実験の結果,提案モデルによって従来のトライフォンモデル,モーラモデルを上回る認識性能を得ることができた.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 86(11), 1523-1530, 2003-11-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  18

Cited by:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003170849
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    6750318
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top