一般化差分部分空間に基づく制約相互部分空間法  [in Japanese] Constrained Mutual Subspace Method Using a Generalized Difference Subspace  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 福井 和広 FUKUI Kazuhiro
    • (株)東芝研究開発センターマルチメディアラボラトリー Research and Development Center, TOSHIBA Corporation
    • 山口 修 YAMAGUCHI Osamu
    • (株)東芝研究開発センターマルチメディアラボラトリー Research and Development Center, TOSHIBA Corporation

Abstract

本論文では,制約相互部分空間法において本質的な役割を担う制約部分空間を解析的に生成する方法を提案する.提案法では二つの部分空間の差異を表す差分部分空間を複数部分空間に対して一般化し,これを制約部分空間とする.まず二つの部分空間のなす正準角により幾何学的に定義された差分部分空間が,各部分空間の射影行列の和から求まる固有ベクトルにより張られることを示す.次にこの射影行列による定義を用いて差分部分空間を一般化する.提案法は,カテゴリー間の対ごとに差分部分空間を求める必要があった従来法に比べて,少ない計算量で効率良く制約部分空間を生成可能である.提案法の有効性は顔画像を用いた識別実験で検証する.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 87(8), 1622-1631, 2004-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  16

Cited by:  27

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003171152
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7053201
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top