複数サービスの処理時間を調整するプロセススケジュール法  [in Japanese] Process Schedule Mechanism for Regulating Processing Time of Multiple Services  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 田端 利宏 TABATA Toshihiro
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 谷口 秀夫 TANIGUCHI Hideo
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University

Abstract

現在,多くのオペレーティングシステムはプログラムをできるだけ速く実行することを目標としているため,プログラムの実行速度を自由に調整できない.一方,プログラムの実行速度を自由に調整することによって,サービスを最適な処理時間で提供でき,利用者の利便性を向上させることが期待できる.このため,我々はプロセススケジュール法を工夫したプログラム実行速度調整法を提案し,単一プロセスの実行速度を制御する方式を実現した.しかし,多くのサービスは複数プロセスで実現されることが多いため,複数プロセスの実行速度を同時に滑らかに調整できることも必要である.本論文では,プロセススケジュール法を工夫して,複数プロセスの実行速度を同時に滑らかに調整できる方式を提案する.また,速度調整度に代わる処理の均一性の尺度として,各プロセスへのプロセッサの割当時間間隔に基づく尺度を提案する.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 86(7), 458-468, 2003-07-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  11

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003171248
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11341020
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151915
  • NDL Article ID
    6634084
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top