3次元体幹部 CT 画像における骨格の分類と胸郭の自動抽出  [in Japanese] Automated Classification of Bone Structure and Extraction of Thoracic Cage in 3-D Torso CT Images  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 小林 晋史 KOBAYASHI Shinji
    • 岐阜大学大学院 医学研究科 再生医科学専攻 知能イメージ情報部門 Faculty of Regeneration and Advanced Medical Science, Graduate School of Medicine, Gifu University
    • 周 向栄 ZHOU Xiangrong
    • 岐阜大学大学院 医学研究科 再生医科学専攻 知能イメージ情報部門 Faculty of Regeneration and Advanced Medical Science, Graduate School of Medicine, Gifu University
    • 原 武史 [他] HARA Takeshi
    • 岐阜大学大学院 医学研究科 再生医科学専攻 知能イメージ情報部門 Faculty of Regeneration and Advanced Medical Science, Graduate School of Medicine, Gifu University
    • 藤田 広志 FUJITA Hiroshi
    • 岐阜大学大学院 医学研究科 再生医科学専攻 知能イメージ情報部門 Faculty of Regeneration and Advanced Medical Science, Graduate School of Medicine, Gifu University
    • 桐生 拓司 KIRYU Takuji
    • 岐阜大学 医学部附属病院 放射線科 Department of Radiology, Gifu University School of Medicine & University Hospital
    • 星 博昭 HOSHI Hiroaki
    • 岐阜大学 医学部附属病院 放射線科 Department of Radiology, Gifu University School of Medicine & University Hospital

Abstract

本研究では,3次元体幹部CT画像に対する画像診断支援(CAD)システムの開発を目的とした,体幹部における骨格の分類と認識,そして胸郭の抽出法を開発した. CADシステムにおいて,病変を正確に抽出するために臓器領域を特定することは重要な処理である.また,病変の有無による影響が少ない骨格の情報を用いることは,病変の存在によるシステムの精度の変化を避けるために有効な手段である.そこで,本研究では,3次元体幹部CT画像における骨格の分類を行い,それを基に胸部の臓器が格納されている胸郭を抽出した.その結果,胸郭の抽出においては分類された骨格の情報を利用し,病変に影響を受けない安定した胸郭の抽出ができた.また,骨格の情報が存在しない部分においては動的輪郭モデルを利用することで,完全な形での胸郭の抽出を行うことができた.

We propose an image-processing framework for extracting and recognizing bone frame and identifying thoracic cage from 3-D multi-slice torso CT images in this paper. In order to find suspicious regions from internal organ regions, it is necessary for a computer aided diagnosis system to identify thoracic cage firstly. We proposed a method to extract thoracic cage using the information of the bone frame which can avoid the influence caused by the disease. The frame work extracts bone frame and recognize the bone structure based features of sharp, position, density firstly, and then, create the contour of thoracic cage from the surface of the bone frame and adjust it based on an active contour model. We applied this method to 4 patient cases of torso CT images and show experimental results finally.

Journal

  • IEICE technical report.

    IEICE technical report. 103(98), 25-30, 2003-05-30

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  5

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003171958
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11370335
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6619905
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top