ニューロン型導電性高分子パターンの重合条件依存性とそのシミュレーション Dependence of Pattern of Neuron-Type Conducting Polymer on Polymerization Condition and Its Simulation

この論文をさがす

著者

抄録

導電性高分子を電解重合法を用いて重合する際に重合条件を選べば,枝分かれ成長する導電性高分子を得ることができる.特に,重合中,条件を変化させていけば,ニューロン型の導電性高分子が得られる.このニューロン型導電性高分子は接続可能で,ネットワーク状のものを得ることもでき,このネットワークに導電性高分子の機能を付加することにより,新しいデバイスの可能性が出てくる.ネットワークの形は重合条件に依存するが,これは環境条件にも依存するということで,環境を形態に取り込んだデバイスが考えられる.形状を考慮するためにDLAモデルを改良したシミュレーションも行った.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. C

    電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. C 85(12), 1141-1148, 2002-12-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003172026
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11412446
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13452827
  • NDL 記事登録ID
    6373251
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-607
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ